TAG テクノロジー 新開発

Digital Space Conference 2024 で 日立 鉄道メタバースの可能性と近未来を体感、電通グループ XRX STUDIO は In GAME トライアルや共同勉強会を募集_イマーシブメディアがビジネスに活用できるか探求

産業界に入り込むインダストリアルメタバースや、世界じゅうのファンを巻き込む観光戦略としてのイマーシブメディアは、いまどこを走り、どこへ向かうか―――。 そんな最新トレンドをキャッチできるイベントが、東京・虎ノ門ヒルズで2…

埼玉工業大学 自動運転AIバスが 奈良県 明日香村の世界遺産登録候補地をオートで走りまた進化! 既存車両にAI技術を後付けし自動化、ドライバー不足や地方公共交通拡充にむけて前進_埼工大 AI AR VR 開発陣も強化

「2026年、奈良県の飛鳥・藤原を世界遺産に。 そのためには、近鉄吉野線 飛鳥駅と、明日香村に点在する特別史跡キトラ古墳や高松塚古墳などを結ぶ公共交通の拡充が不可欠。 今回は、奈良県をはじめ、長大、奈良交通、住友電工シス…

中谷医工計測技術振興財団が順天堂大学に3億円の長期大型研究助成_中谷生体空間オミクス医療解析拠点を設立し、難治がん創薬や3次元病理学などの革新的研究を加速

医工計測技術分野で技術開発や技術交流などの促進と人材育成を目的に、技術開発研究助成、長期大型研究、技術交流助成、大学院生奨学金、科学教育振興助成など、幅広い助成事業を展開している公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団。 …

埼玉工業大学 自動運転技術開発センター研究者を増員し開発力を強化、レベル4対応 自動運転バス実現へ加速_既存バス車両に自動化システム後付けで全国の路線バス事業者や自治体がその進化に注目中

埼玉県深谷市にキャンパスを構え、人間社会学部(情報社会学科・心理学科)と工学部(機械工学科・生命環境化学科・情報システム学科)の2学部で文系・理系の枠を超えた多彩な学び・研究を続けている埼玉工業大学。 この埼玉工業大学が…

トレンドマイクロ VicOne 自動車ハッキング対策コンテスト「Pwn2Own Automotive」1/24~1/26 東京ビックサイトで初開催、現実に襲来するサイバー攻撃への適応スキルと最新情報をここで共有

コネクテッド・カーが世界的に普及し、自動車のサイバーセキュリティーに対する猛威が高まっている。 トレンドマイクロなどの調査によれば、過去3年間でサイバー攻撃被害を被った法人組織の累計被害額は平均1億2000万円を超えると…

埼玉工業大学 自動運転AIバスが地元深谷市の子どもたちを乗せてオート走行、自動化システム後付けで「まるで人が運転してるみたかった」 新一万円札 渋沢栄一 生誕の地 深谷からレベル4 実現めざす

既存の路線バス車両に後付け自動運転AIシステムを搭載し、全国各地の路線バスルートを実証実験レベル2で走り続けている埼玉工業大学の日野レインボーIIベース自動運転AIバス。 この後付け自動運転AIシステムという独自性から、…

埼玉工業大学や東海理化の技術を結集、アイサンテクノロジーの自動運転大型バスが国や愛知県の期待を背負って全国各地へ視界良好ランウェイ…

ドライバーが車内にいない特定自動運行、いわゆる自動運転レベル4がことし4月に道路交通法で許可され、全国で自動運転バスの実証実験が活発化した2023年。 自動運転バスの世界はどう進化し、どんな走りをみせてくれたか―――。 …

10月発売 ポータブル電源「BougeRV Rover 2000」が半固体電池採用で有利! 従来モデルよりも発火や爆発のリスク低減、同等スペック品比25%以上コンパクト&軽量化を達成

アウトドアやキャンプ、車中泊、野営イベント、緊急時・災害時の備え……いろいろなシーンで使えるということでいま人気なのが、大容量 2000Wh クラスのポータブル電源。 20万円を超える2000Wh クラスポータブル電源の…

埼玉工業大学 自動運転AIバス 無料試乗会を埼玉県深谷市で 2024年1月13.18.19日に開催、応募は12月1~18日_オートで走行&停留所発着する“路線バスの近未来”を体感! 遠隔監視システムも公開

全国の鉄道会社系路線バス事業者が注目し導入を検討している自動化システムのひとつ、埼玉工業大学 後付け自動運転AIシステム。 全国各地の自治体・路線バス事業者などと連携し、実証実験・限定運行などを重ねる埼玉工業大学の “生…